企業情報

沿革

1947年(昭和22年) 東京都品川区平塚2−9−29(本社所在地)に於いて樋口榮二がアクリル樹脂の再生およびアクリル樹脂板製造業を、樋口工業所として創業
1954年(昭和29年) 日東樹脂工業株式会社を設立
1960年(昭和35年) 横浜工場を新設し、製造部門(横浜市)と本社部門(品川区)を分離
光学用精密セルキャスト板 『CLAREX』 を商標登録、0.2mm〜2.0mm の極薄セルキャスト板を製造
1970年(昭和45年) 『CLAREX Non-Glare (クラレックスノングレア)』板、出荷開始
1972年(昭和47年) 照明カバー用積層セルキャスト板 『ペアレックス』 商標登録、販売開始
透過型フレネルレンズ基板の製造、販売開始
1979年(昭和54年) デジタルウォッチ用に拡散反射板『DR-I Aシリーズ』を開発、販売開始
1980年(昭和55年) 透過型液晶用に半透過反射板『DR-U Aシリーズ』を開発、販売開始
1981年(昭和56年) 光ディスク用基板の開発、販売開始
アクリル樹脂ミラー板『CLARMIRROR(クラミラー)CMシリーズ』を開発、販売開始
1983年(昭和58年) オートフォーカスカメラの赤外線センサー用に赤外線透過フィルター『NIRシリーズ』を開発、販売開始
1984年(昭和59年) OHP用反射ミラーフレネルレンズ基板の開発、販売開始
ハードコート精密板およびハードコートノングレア板出荷開始
1985年(昭和60年) UVカットフィルター『UVシリーズ』を開発、販売開始
UV透過フィルター『S-0シリーズ』を開発、販売開始
1986年(昭和61年) 高透過・高拡散板『DR-IIICシリーズ』を開発、販売開始
1988年(昭和63年) AR(反射防止)コートアクリル樹脂板、『MHシリーズ』を開発、販売開始
EMIシールド板『ECシリーズ』を開発、販売開始
1989年(平成元年) ワープロ向けLCD用バックライト導光板(エッジライト方式)を開発、販売開始
TFT液晶対応高精密ノングレア板、『EX-30』を開発、販売開始
1992年(平成4年) 建材・店舗装飾用カラーセルキャスト板 『FANTAREX(ファンタレックス)』を 商標登録、販売開始
1993年(平成5年) ARコート『MHシリーズ』に、防汚対策として撥水グレードを追加
1994年(平成6年) ARコート『MHシリーズ』に、EMIシールドグレードを追加
1995年(平成7年) タッチパネル用抗菌コート板『ABシリーズ』を開発、販売開始
帯電防止板『ASシリーズ』AS1、AS2を開発、販売開始
1997年(平成9年) 光散乱導光板使用の液晶バックライトシステム出荷開始
2002年(平成14年) 高精細プロジェクションスクリーン『Blue Ocean』を開発、Blue Ocean(ブルーオーシャン)として商標登録
2004年(平成16年) 新光合成株式会社を買収
2006年(平成18年) 日東樹脂工業株式会社山梨工場として開設
0.3mm極薄ハードコートセルキャスト板開発、販売開始
2008年(平成20年) アクリル樹脂ミラー板 『CLARMIRROR(クラミラー)CMシリーズ』にハーフミラーグレード 『CHシリーズ』を追加
2009年(平成21年) 低吸水アクリル樹脂 『LAシリーズ』を開発、ノーマルタイプとハードコートタイプを販売開始
2010年(平成22年) 0.2mm極薄ハードコートセルキャスト板を開発、販売開始

このページのトップに戻る